カースト制度は感染症対策だった!

(帝国書院「最新世界史図説タペストリ」ーより) 紀元前13世紀頃、バラモン教の枠組みとしてつくられたカースト制度。憲法で廃止された現代においても根強く残っているそうです。偶然知ったのですが、その起源は実は感染症対策だったというんです。 コロナ…

東北のイメージをつくったのは誰か?

先日栗駒方面へドライブしたときに寄った蕎麦屋さんに興味深い本がありました。それは高橋克彦著「東北・蝦夷(えみし)の魂」。東北人のルーツや、 阿弖流為、安倍貞任、藤原秀衡、九戸政実など、中央権力と戦った英雄、武将たちについて書かれた歴史本です…

創造のために効率化あり

コロナのおかげ(?)でテレワークが一気に加速しました。もしかしたら、「働き方を変えよ!」という天からの警告だったのでしょうか? テレワークをやってみたら多くのことに気づきました。「社屋なんかいらないじゃん」「地方でもいいじゃん」「自由な勤務…

塵も積もれば「本」となる

わがブログ本5冊、一応そろいました!東日本大震災を契機に2011年4月から今日までひょこひょこ書いてきたブログ、そこからシリーズとしてまとめられるものを本にしました。まさに「塵も積もれば本となる!」であります。 きっかけは、2年ほど前、ずっ…

ショートSF「Godという名のエイリアン」

ショートSF「Godという名のエイリアン」 2020年6月、アメリカ国防総省は、過去十数年にわたり米軍パイロットが撮影記録した未確認飛行物体の映像を複数公開した。さらにそれが未だに説明不可能な物体または現象であるということもつけ加えて。なに…

ネガティブ・シンキングのすすめ

職歴多彩な私ですが1992年39歳で起業しました。始めた仕事はパソコンの販売やソフトの開発でした。創業の頃は、ほとんど飛び込み営業、毎日竹槍をもって獲物を探すような日々が続きました。収獲がなければほどなく餓死(倒産)ですから必死です。 めげ…

コップの水をまず減らそう

明日は切りよく6月1日の月曜日、コロナからの脱出第2幕の始まりです。とはいえ、たった2か月の自粛で経済活動は大変なダメージを受けました。どうやって今期を乗り切るか、いやどうやって明日明後日を乗り切るか、と悩まぬ経営者は実に少数でしょう。退…

ミニミニ出版!「ノボ爺の思い出アルバム」

ブログの製本サービスを利用して、10冊だけのミニミニ出版をしました!表紙カバー付きで1冊2316円。とってもリーズナブルで、しかも本格的な出来栄えです!嬉しいな~~。 この本は私のサブブログ<ノボ村長の「思い出アルバム」>を編集したものです…

「漏れなく」「正しく」の次が「迅速に」

ご時勢がら、このタイトルに反発心を感じる人は多いかもしれません。コロナの対策やら給付金の支払いやら「迅速に」が最初に来るべきだろう!と。緊急時はまったくそのとおりですね。(黒の幕引きだけ迅速ですもんね~、まったく!) さて、コロナによるテレ…

人を責めなくてよい職場

本日、国のコロナ緊急事態宣言が多くの県で解除されました。解放感のせいか、空の青さ、春風の暖かさ、賑やかな鳥の声がとても心地よく感じられます。 とはいえ、コロナ津波の第二波、第三波は必ず来るだろうと、だれもが思っています。ですから、コロナ自粛…

ショートSF「すばらしき地球Ⅱ」

静かな日曜日、小学生のころ母が買ってくれた本「破れ穴から出発だ」(北畠八穂)を古本で取り寄せ読んでいます。タイトルが今にぴったりなので読みたくなったのです。昭和38年ごろの、今よりはるかに貧しいけれども、親も子もみな生き生きとしていたあの時…

鳴子温泉からマスク来る

私の地元であり、私の大好きな鳴子温泉。東鳴子のある旅館から本日手紙が届きました。封筒には丁寧に書かれた手紙とともに、消毒薬付のマスクが同封されていました。 手紙を読んで、心にぐっと来ました。 今、この旅館は休業しているのです。それにもかかわ…

省力化→省人化→少人化

コロナショックは一人一人の精神や肉体のみならず、人類集合体の肉体ともいえる経済社会にとてつもないダメージを与えつつあります。世はやむなくテレワークに移行しつつありますが、どうしても現場で人間が行わねばならない仕事がいまだ大半であることも事…

ショートSF「冬眠する人類」

(種山ヶ原の春) (想定外の世界大戦) 21世紀に暮らす人類のほとんどはこう思っていた。世界大戦とは国対国、人と人とが殺し合う戦争である。過去もそうであったし今後もそのはずであると。 まさか人類対エイリアンの世界大戦が始まるとは誰もが予想して…

ITは人を活かすためにある

とても不思議なことに思えますが、以前はパソコンもスマホもインターネットもないのに仕事がきちんとできていたのです。今でも、生産、営業部門では、ITにあまり依存せずに仕事ができている会社は多いと思います。その「現場力のおかげで会社の今がある」…

コロナに書かされました!

自分の人生履歴書「私の年譜」なる本を、本日ようやく書きあげました! いつのまにか前期高齢者になっていた私。。。もしかしたら、「コロナに当たってコロリ!」なんてこともありえます。 職歴多彩で曲り道だらけの私の人生行路、娘たちはむろんのこと、女…

漢方的しごと改善論

今から20年前のことです。日頃の不摂生がたたったせいか、持病の股関節痛が耐えきれないほどひどくなりました。手術をすれば長期の入院を覚悟せねばならず、経営している会社のことも大いに心配です。なによりも、注射ですら怖い私にとって手術などもっての…

仕入先は得意先より大事なり

昨年秋、熊本県ではサツマイモが大不作で、例年の十分の一くらいしか収穫できなかったそうです。それで、新しい焼き芋ビジネスに挑戦している私の友人が困ってしまいました。 彼は、熊本県西原村のみつよばあばが栽培するシルクスイートというサツマイモにほ…

ショートSF「未来からの手紙 ”ヘルメット・ワールド”」

「さてと、、、今日は届いているかな?」私の朝は玄関前のポストを確認することから始まる。たぶん多くの人と同じように。しかし、ポストの中に確認したい物は、私以外の人とはまったく異なる。それは未来から届く手紙だから。 →この話の経緯 ・・・・・・・…

改善とは空きをつくること

ブログ、なんと今月初めての投稿です。すっかりサボり癖がついてしまいました! (記憶がはっきりしているうちに書いておこうと思って「私の年譜」と「私の体験的経理論」というのを執筆?しておりまして。。。) ・・・・・・・・ 「水がいっぱい入っている…

掃除には順番がある

製造業では、仕事の基本として、まず「5S」を仕込まれます。 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つの言葉をローマ字で書くと、すべて「S」から始まるのでそう呼ばれています。 それぞれの言葉にユニークな意味付けがされているところがミソです。「清掃…

ショートSF「未来からの手紙 ”新しい幸福”」

「さてと、、、今日は届いているかな?」私の朝は玄関前のポストを確認することから始まる。たぶん多くの人と同じように。しかし、ポストの中に確認したい物は、私以外の人とはまったく異なる。それは未来から届く手紙だから。 どんな人でも自分だけの秘密を…

ハーブでジヌシよさらば!

とっても恥ずかしいんですが、同じ悩みを持つ方々の参考になればと思い、この記事を書くことにしました。あくまでも私個人の体験だけに基づく内容ですので、実施の際は各自の責任において行って下さいますよう御願い致します。 ・・・・・・・・ え~~~と…

見かけアナログ、中身ハイテク

まだ還暦、まだ65と高をくくっていたら、もう67(4月で)! いったいいつの間に時は過ぎてしまったんだよ、、、と天を仰ぐ私。 時代は超情報化社会、日々ITリテラシーを更新していかないと、とても生きづらくなったサバイバル・ネットワールドです。 と…

ショートSF「大晦日の宇宙船団」

(甲板の巫女たち) シャカシャカシャカ シャラシャラシャラ・・・ シャカシャカシャカ シャラシャラシャラ・・・・宇宙船団の巫女たちは甲板を二手に分かれて進む。一方は船首へ、もう一方は船尾へと。背筋を伸ばし、すり足でゆっくりゆっくりと歩む。 白衣…

非能率はコストにあらず

昨日久しぶりに地元の回転寿司チェーン店でお昼ごはんを食べました。いつも握っているのは店長さん一人なのですが、この日は若者三人が中に入っています。 もう午後二時頃でしたので客はあまり入っていませんでした。それなのに注文したネタが出てくるのがや…

長崎は今日も晴れだった♪

前川清の「長崎は今日も雨だった」を、思案橋のスナックで親友濱田さんのカラオケで聞いたのは今から22年前。すっかり出不精になった私ですが、思い切って先日12月9日から11日まで長崎を再訪してきました! 長崎は同業のIT会社社長である濱田さんの故…

思いがけない最強の効率化

職歴多彩な私は三十数年前工場勤務をしておりました。その頃勉強した「トヨタ生産方式」はまさに目からウロコでした。独特の用語が付けられていたので今でも鮮明に覚えています。 カンバン方式、ジャストインタイム、5S、目で見る管理、整流化、平準化、省…

地方でコミュ力が上がった話

知り合いの移住女子をモデルにして書きました。彼女はフリーランスのWebデザイナー、3年前、埼玉(職場は東京)から宮城県大崎市古川に(フィーリングで)移住してきました。父上は鹿児島、母上は沖縄出身ですから、東北地方とは真逆のルーツです。だから東…

思いがけない特効薬!

今日のブログは(嬉しい)ビックリ報告です!思いがけない特効薬の話です。 私は幼時に重度の股関節脱臼を患い、その後遺症で変形性股関節症の痛みと日々闘っております。年を取るに従って痛みと不自由さは増してきましたが、毎年少しづつ悪化しているので慣…