ITは人を活かすためにある

とても不思議なことに思えますが、以前はパソコンもスマホもインターネットもないのに仕事がきちんとできていたのです。今でも、生産、営業部門では、ITにあまり依存せずに仕事ができている会社は多いと思います。その「現場力のおかげで会社の今がある」…

コロナに書かされました!

自分の人生履歴書「私の年譜」なる本を、本日ようやく書きあげました! いつのまにか前期高齢者になっていた私。。。もしかしたら、「コロナに当たってコロリ!」なんてこともありえます。 職歴多彩で曲り道だらけの私の人生行路、娘たちはむろんのこと、女…

漢方的しごと改善論

今から20年前のことです。日頃の不摂生がたたったせいか、持病の股関節痛が耐えきれないほどひどくなりました。手術をすれば長期の入院を覚悟せねばならず、経営している会社のことも大いに心配です。なによりも、注射ですら怖い私にとって手術などもっての…

仕入先は得意先より大事なり

昨年秋、熊本県ではサツマイモが大不作で、例年の十分の一くらいしか収穫できなかったそうです。それで、新しい焼き芋ビジネスに挑戦している私の友人が困ってしまいました。 彼は、熊本県西原村のみつよばあばが栽培するシルクスイートというサツマイモにほ…

ショートSF「未来からの手紙 ”ヘルメット・ワールド”」

「さてと、、、今日は届いているかな?」私の朝は玄関前のポストを確認することから始まる。たぶん多くの人と同じように。しかし、ポストの中に確認したい物は、私以外の人とはまったく異なる。それは未来から届く手紙だから。 →この話の経緯 ・・・・・・・…

改善とは空きをつくること

ブログ、なんと今月初めての投稿です。すっかりサボり癖がついてしまいました! (記憶がはっきりしているうちに書いておこうと思って「私の年譜」と「私の体験的経理論」というのを執筆?しておりまして。。。) ・・・・・・・・ 「水がいっぱい入っている…

掃除には順番がある

製造業では、仕事の基本として、まず「5S」を仕込まれます。 整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つの言葉をローマ字で書くと、すべて「S」から始まるのでそう呼ばれています。 それぞれの言葉にユニークな意味付けがされているところがミソです。「清掃…

ショートSF「未来からの手紙 ”新しい幸福”」

「さてと、、、今日は届いているかな?」私の朝は玄関前のポストを確認することから始まる。たぶん多くの人と同じように。しかし、ポストの中に確認したい物は、私以外の人とはまったく異なる。それは未来から届く手紙だから。 どんな人でも自分だけの秘密を…

ハーブでジヌシよさらば!

とっても恥ずかしいんですが、同じ悩みを持つ方々の参考になればと思い、この記事を書くことにしました。あくまでも私個人の体験だけに基づく内容ですので、実施の際は各自の責任において行って下さいますよう御願い致します。 ・・・・・・・・ え~~~と…

見かけアナログ、中身ハイテク

まだ還暦、まだ65と高をくくっていたら、もう67(4月で)! いったいいつの間に時は過ぎてしまったんだよ、、、と天を仰ぐ私。 時代は超情報化社会、日々ITリテラシーを更新していかないと、とても生きづらくなったサバイバル・ネットワールドです。 と…

ショートSF「大晦日の宇宙船団」

(甲板の巫女たち) シャカシャカシャカ シャラシャラシャラ・・・ シャカシャカシャカ シャラシャラシャラ・・・・宇宙船団の巫女たちは甲板を二手に分かれて進む。一方は船首へ、もう一方は船尾へと。背筋を伸ばし、すり足でゆっくりゆっくりと歩む。 白衣…

非能率はコストにあらず

昨日久しぶりに地元の回転寿司チェーン店でお昼ごはんを食べました。いつも握っているのは店長さん一人なのですが、この日は若者三人が中に入っています。 もう午後二時頃でしたので客はあまり入っていませんでした。それなのに注文したネタが出てくるのがや…

長崎は今日も晴れだった♪

前川清の「長崎は今日も雨だった」を、思案橋のスナックで親友濱田さんのカラオケで聞いたのは今から22年前。すっかり出不精になった私ですが、思い切って先日12月9日から11日まで長崎を再訪してきました! 長崎は同業のIT会社社長である濱田さんの故…

思いがけない最強の効率化

職歴多彩な私は三十数年前工場勤務をしておりました。その頃勉強した「トヨタ生産方式」はまさに目からウロコでした。独特の用語が付けられていたので今でも鮮明に覚えています。 カンバン方式、ジャストインタイム、5S、目で見る管理、整流化、平準化、省…

地方でコミュ力が上がった話

知り合いの移住女子をモデルにして書きました。彼女はフリーランスのWebデザイナー、3年前、埼玉(職場は東京)から宮城県大崎市古川に(フィーリングで)移住してきました。父上は鹿児島、母上は沖縄出身ですから、東北地方とは真逆のルーツです。だから東…

思いがけない特効薬!

今日のブログは(嬉しい)ビックリ報告です!思いがけない特効薬の話です。 私は幼時に重度の股関節脱臼を患い、その後遺症で変形性股関節症の痛みと日々闘っております。年を取るに従って痛みと不自由さは増してきましたが、毎年少しづつ悪化しているので慣…

ショートSF「骨寺村の秘密」

(ハーンの隠された旅) ラフカディオ・ハーンは、その生涯にたった一度だけ東北に来たことがある。寒さが苦手な彼だったが、雪が降るにはまだ早い今から120年前の1900年10月、ある重要な秘密を調べるために、開通したばかりの東北本線の列車に乗り…

猫との果てしなき消耗戦

今日で二週間、猫と私の消耗戦が続いています。わが家の敷地に大量の猫糞を発見したのは、台風19号による大雨被害の後、10月27日のことでした。 (現在の対猫糞兵器、猫よけセンサー超音波発生器、猫よけセンサースプリンクラー、張り巡らした釣り糸、今朝は…

固いものは頭を強くする

近頃は四角い顔が本当に少なくなりました。子どもの頃から柔らかい食べ物ばかりで「あご」がほっそりしたせいでしょう。目には見えませんが、脳みそも柔らかくなってきたのでは?と思うこの頃です。 今や世の中は柔らかいもの、ゆるいもの全盛。それ自体はな…

幸運な間違い配送

つい先日、amazonにある本を発注しました。新品在庫がないようで出店している古書店から求めることになりました。ところが、着いたのは注文した本とはまったく関係がない本でした。 その旨お店に連絡したら、「破棄して下さい。返金もします」ということでし…

侍イソガイ・タケツラの伝説

宮城県旧歌津町「田束山(たつがねさん)」経塚群 ショートSF 侍イソガイ・タケツラの伝説 (戦いの行方) 今から五百年も前、紀元四千年頃の話である。人類軍ユーラシア方面隊に、知略と武勇に優れたイソガイ・タケツラという将校がいた。歴史上かつてな…

河原の陣取り合戦

秋晴れが続きます。河原には一足早く白組ススキ軍団が登場しましたが、ライバルのセイタカアワダチソウもいよいよ花が咲きそうです。 ここ十数年の間に、侵略的外来種のセイタカアワダチソウは、見事に野原をススキの白から黄色一色に変えてしまいました。 …

退職してから、まる一年♪

ブログタイトルを決めたら、この曲がつい口に出てきました。「学校出てから十余年、今じゃ♪」クレージーキャッツの五万節です。「今じゃ」の後には、会社の大社長、無職の風来坊、タクシーの運転手、テレビのタレント、やくざの幹部、恐妻家が続きます。 私…

エイリアン・プラネット

ショートSF エイリアン・プラネット 西暦2119年、宇宙歴史天文学者ブライアン・メイヤーは、地球軌道を廻る深宇宙探査ハッブル第三望遠鏡の画像を解析していた。9月30日、彼はくじら座M77銀河周縁のごく一部に微少な渦が特異的に生じていることを…

宇宙伝説「DAMIAN永遠の命」

ショートSF 宇宙伝説「DAMIAN永遠の命」 これは天の川銀河団辺境にあるN13-5太陽系第三惑星テラに伝わる伝説である。テラにはイエロームーンとシルバームーンという二つの衛星の存在が確認されているが、両者の組成は驚くほど異なっている。こ…

「あじのもと」な日々

この話は極めて個人的な嗜好に関する戯れ言、愚痴の類いですので、意見や嗜好が異なる方はあまり目くじら立てずサラッと聞き流していただければ幸いです。 (ミツバチの蜜蝋で作られたろうそくはほのかな香りがgood!です) 巨大スーパー付属の映画館でB級…

チョイ飲み爺いに、チョイ朗報

年々歳々「髪の毛と共に減りゆく酒量かな」の私でありますが、今でも夕方5時から6時までの独り居酒屋は一日のゴールデンタイムです。 毎晩夕飯前、日本酒1合から1合半くらいを、洋楽を聴いたり本を眺めたりしながら、飲むと言うよりちびちび嘗めています…

新しいITは新しいコンサルで

今日、とても感動したことがあります。相棒クマさんのコンサル助手で何度かお伺いしている岩手県の工場でのことです。席に着くやいなや、女性のIT推進メンバーがニコニコ顔で「この動画、クマさんにぜひ見ていただきたいんです!」と言うのです。 その動画は…

「短編画廊」ホッパーの絵、小説となる

現代アメリカの名だたる作家17人が、それぞれ選んだエドワード・ホッパーの絵を題材にして物語を紡ぎました。(私が知っているのはスタンド・バイ・ミーやキャリーで有名なスティーブン・キングだけでしたが。。。) 実に面白い短編集でした!頂き物の高級…

リーダーとは最後に食べる人

今や、経済社会はこのタイトルの逆のごとくかもしれません。少しほとぼりが冷めつつありますが、某巨大自動車メーカーの外人カリスマ経営者は自分が最初に食べ過ぎて、ついに臭い飯を食べるハメに陥りました。(いろいろ裏事情もあるのでしょうが) ところが…