ノボノボ童話集「美しき誤解」

 国営なら何をしても許されるのがこの世の掟。人殺しは防衛、詐欺は政策、博打はカジノと名を変えて。なんでもOKにできるんです。一度やったらやめられない止まらない国会議員。ま〜こっちのほうが薬物中毒みたいなもんですね。

ノボノボ童話集

美しき誤解

 まもなくクリスマスがやってくる。

 新年になれば初詣。

 イスラム教だと、毎年断食ラマダン。

 あらゆる宗教に、年に一回以上の儀式というか掟がある。

 毎日という宗教もある。

 もう誰も知る人はいないのだが、

 実は、これって神様、仏様の人間界「監査」なのだ。

・・・・・・・・

 ずっと昔、神様は人間界の止まらぬ劣化、野蛮化に悩んだ末、

 万国の神仏が協同で対策を行うことに決めたのだ。

 それが天国にある「万国神仏連合会本部」だ。

・・・・・・・・

 人間界の止まらぬ非行の原因は、そもそも彼ら神仏にある。

 各国の神話を読めばだれでもわかる。

 人間そっくりどころか、

 ここまでやるかい?というくらいのエログロ世界だ。
 
 なじみ深いところでは、ギリシャ神話、旧約聖書、古事記を

 読んでみるだけでなるほどと思うが、

 もっとイッテル神話もたくあんある。

・・・・・・・・

 悪辣な手段を用いて政界、経済界、裏社会のドンとなった親父が、

 甘ったれバカ息子の非行に悩むのと同じ。

 ゆえに宗教行事とは、

 いわばコーザノストラの秘密儀式や掟のように、

 「タガをしめるため」と考える学者も、実はいる。

・・・・・・・・

 さて、時は2020年。

 ところは、おなじみのジャパン。

 神仏連合会本部より合同監査団が天からやってきた。

 常に自転車操業の経済社会、

 連続バブル生成が経済政策と同義語になって久しい。

 さすが老練老獪の人間界のタヌキやキツネたち。

 オリンピックの次のバブルがスタンバイしていた。

・・・・・・・・

 トーキョー、オオサカに超巨大ダブルカジノを建設し、

 遅まきながら、世界のアブク銭を吸い込もうとしていた。

 バブルにアブク、なるほどではある。

 世界のセレブやら、ヤクザやら、動物農場のごとき

 モンスター社交界だが、本当は一般人こそカモなのである。

・・・・・・・・

 ところが、監査団はもうモウロクジジイ。

 物忘れと思い込みが激しくて、さらに涙もろい

 ジャパン国営カジノの盛況を見て、

 多くの神仏が感動の涙を流すのだった。

 そして、ジャパンの監査は好点数であった。

 いったいなぜ?

・・・・・・・・

 天に戻って監査内容を報告していた監査団。

 天の親分がたずねる。

 「なにゆえ、ジャパンの点数がこんなに高いんだ?」

 監査団の団長がヨボヨボ声で答える。

 「わしらは人間の心の美しさに感動したんでがす。

 あの巨大なカジノに通う庶民の気高い心でがす」

 「ほ〜?」

・・・・・・・・

 団長は意気揚々と親分に説明する。

 「親分様、ぜひ聴いてくだしゃんせ。

 自分の財産があっという間に巻き上げられることを、

 きっと知っているにも関わらず、

 そして、自分の精神や仕事や家族が破滅しようとも、

 国家というものに自分をささげようとしている人々の多いこと!

 これを美しき自己犠牲と言わずになんとよべますかいな?」

 天界ではスタンディングオベーションの嵐となった。

 「気高きわが子、人間よ、親としておまえたちを誇りたい」と。

ノボノボ童話集
 →「無敵の鎧」
 →「妖怪ワケモン」 
 →「森の言葉」
 →「究極の薬」
 →「アキレスと亀」
 →「宇宙への井戸」
 →「思いがけない幸せ」
 →「本屋の秘密」