ノボ・ショート

侍イソガイ・タケツラの伝説

宮城県旧歌津町「田束山(たつがねさん)」経塚群 ショートSF 侍イソガイ・タケツラの伝説 (戦いの行方) 今から五百年も前、紀元四千年頃の話である。人類軍ユーラシア方面隊に、知略と武勇に優れたイソガイ・タケツラという将校がいた。歴史上かつてな…

エイリアン・プラネット

ショートSF エイリアン・プラネット 西暦2119年、宇宙歴史天文学者ブライアン・メイヤーは、地球軌道を廻る深宇宙探査ハッブル第三望遠鏡の画像を解析していた。9月30日、彼はくじら座M77銀河周縁のごく一部に微少な渦が特異的に生じていることを…

宇宙伝説「DAMIAN永遠の命」

ショートSF 宇宙伝説「DAMIAN永遠の命」 これは天の川銀河団辺境にあるN13-5太陽系第三惑星テラに伝わる伝説である。テラにはイエロームーンとシルバームーンという二つの衛星の存在が確認されているが、両者の組成は驚くほど異なっている。こ…

安藤ロイド氏の数奇な人生 

ショートSF 安藤ロイド氏の数奇な人生 (ウラジーミルとナツコ)チューリングテストを初めて突破した人造人間が、安藤ロイド氏であったことを知る人はほとんどいない。それどころか、彼が第一の人生を終えた2065年に至るまで、彼が「人間以外の物」で…

ヒトラーの末裔たち、再び

今日初めて「ブラジルから来た少年」という古い映画を見ました。ナチスの残党「死の天使」と恐れられたメンゲレをモチーフとした映画です。5年前に書いた私のヘボショートSFとあまりにも似ていてびっくりしました。メンゲレの経歴ゆえにだれでも同じことを…

未来列車アインシュタイン号 第2話 

昨日は雨、今日は曇り空。またも暇なのでショートSF昨日の続きを書いてみました。ストーリーがあって書き始めるのではなく、偶然書いた言葉にひきずられるようにしてストーリーができてしまいました。今日の話とどこか通じるような気がします。 2015年5月に…

未来列車アインシュタイン号 第1話 

今日は雨降りの一日でした。暇なのでショートSFを書いてみました。ゴールデンウイークは北上山地の「種山が原」(風の又三郎の舞台)がお勧めですよ。 2015年5月に行った北上山地「種山が原」 ショートSF 未来列車アインシュタイン号 第1話 2050年夏…

ショートSF「ファーブル・プロジェクト」

二週間ほど前、コガタスズメバチの巣らしきものを庇に発見しました。一輪挿しの素焼きの花瓶を逆さにしたようなきれいな形をしておりました。ありがたいことに蜂はこの巣を放棄していたようなので、箒の柄をつかって取り除きました。そこで思いつきました。…

ショートSF「2100年の元旦」

私の頭の柔軟体操はブログを書くことであると自覚しました。ヘボな作品でも書いた後は頭がとてもスッキリします。いつかAIの家畜になるかもしれませんが、脳みそを鍛えてできるだけ抵抗しようと思います。

ショートSF「青紫のクリスタル」

「小泉八雲集」にある「焼津にて」の一節に触発されて、またショートSF書いてみました。孫たちに聞かせたらけっこうおもしろがっていました。実物を手にとって試してみたからでしょう。

ショートSF「守られた約束」

「小泉八雲集」からのリメイク第五話です。「守られた約束」より翻案したショートSF、書いてみました。。。

ショートSF「鮫人(さめびと)の秘密」

「小泉八雲集」からのリメイク第四話です。「鮫人の恩返し」より翻案したショートSF、書いてみました。。。

ショートSF「青柳と妹のはなし」

小泉八雲の「怪談」からのリメイク第三話です。「青柳のはなし」より翻案したショートSF、書いてみました。。。

ショートSF「MiminashiーHo1」

昨夜の「宇宙の雪おんな」に続いて、小泉八雲の「怪談」の中の「耳なし芳一」より翻案したショートSF、書いてみました。。。

ショートSF「宇宙の雪おんな」

小泉八雲の「Kwaidan」の中の「Yuki-Onna」より翻案したショートSF、書いてみました。。。

ショートSF「笑う人工知能」

シンギュラリティーまであと27年らしいです。その頃私はこの世にいないでしょう。もしあの世があるなら、現世の『マトリックス実写版』をクラウドのはるか上からとっくり見物といきますか。

ショートSF「胡蝶の夢なり近未来(レディプレの世界)」

スピルバーグの映画「レディ・プレイヤー1」を2回も観てしまいました。リアルとバーチャルを当たり前のように行き来する人生、そんな「あり得べき未来」を強烈に実感したからです。

ショートSF「人工知能と地球生命体」

人工知能をテーマにしたSF小話を何編かこのブログに載せてきました。「ジャングル・ブック」を(録画で)見て刺激を受け、シリーズ続編を書いてみました。

ショートSF「思想販売会社」

遠い遠い学生時代。書店の本棚を眺めているとき、ついこんなことを考えたものです。「どの思想を選ぼうか?」。そして少しやましい気持ちもしたものです。「服を選ぶように自分勝手に選んでいいものか?」と。

ノボ・ショート「ズボンの虫食い穴」

今日は元旦ですが亡父の四十九日でもありました。法事は先行して昨年終わっているのですが、今日こそ宇宙というあの世へ旅立ったのだと私の心は強く感じました。仏教の様々な教えやしきたりにはすべて何らかの真理があるのだな〜と感じるこの頃です。今年の…

ショートSF「究極のパスワード」

今年は高野山ブームみたいです。仙台では夏に「高野山の秘宝展」が開催されました。テレビでは先月「ブラタモリ」で三回連続の高野山特集でした。私は以前より空海さんや密教にSF的な興味を持っていました。最近とみに劣化が著しいわが空想力をお大師様に…

ショートSF「クラウドの惑星」

カルト的SF映画といわれていますが「デューン・砂の惑星」はとても印象深いものでした。ロックグループのスティングも出演していました。ナウシカの「王蟲」もこの原作からヒントを得たものです。レムの「砂漠の惑星」も大好きでした。ナノロボットの本を読…

ノボノボ童話集「えすえふ鳥獣戯画」

小学生の頃、ウェルズの古典SF「モロー博士の島」を読みました。人間と野獣との合体話に恐怖を感じました。その延長なのか、成人してから「ツチノコ」が山道で私をにらみながら話しかけてくるという妄想にけっこう悩まされました。さまざまな生物が人間と…

ノボノボ童話集「トランポ・ザ・ワールド」

トランプさんのタマゲタ政策を日本ではまだ対岸の火事みたいに思っている人が多いようです。しかし当事国の人たち、特に移民や女性にとっては70数年前の欧州を連想させるような悪夢に違いないことでしょう。いったいどうなることやらと心配しつつ、まさか…

ショートSF「人工惑星ゴースト」

宇宙の話を書いていると小さなことが気にならなくなってきます。星を眺めて心が癒やされるのと同じなのかな〜。星座物語もそのような心地で紡がれていったのでしょう。私の人工知能SFも4話目になりました。エピソードごとに独立したストーリーながら、「…

ショートSF「人工知能の帰還」

もう何回目になるでしょう。有料放送で「2001年宇宙の旅」を観ました。40年前、仕事で完全徹夜が三日目となった夜、ようやく重要なある機械の修理が終わりました。ところがその頃仙台でこの映画がオールナイトで初上映されていました。私は眠るのも忘…

ショートSF「人類史上最大の作戦」

私が敬愛する水木しげるさんの一周忌追悼番組を見ていたら、ご遺族が「国宝」と本人の字で書かれた小さな木箱を見つける場面がありました。それを開けてみたら。。。ここからSF的妄想が生じて書いた一篇です。

ショートSF「三値のデジタル社会」

私たちはコンピューターの計算方式である二進法が「デジタル」と思い込んでいますが、実はそうではないようです。三値のデジタルがあったらいいなと思いました。

ショートSF「哀しき人工知能」

新聞の人工知能特集の出だしを読んでびっくりしました。「2050年人工知能を搭載したロボットと人間が結婚する。ーそう断言する学者がいると知り昨年10月英ロンドンを訪ねた。「AIに関わり始めて数十年。ここ数年素晴らしい進展を見せています。20…

ノボノボ童話集「新しい名前」

昨晩は会社の新年会をしました。年に一回ですが東京、大阪、山形各拠点の仲間も集まり盛り上がりました。宴会、カラオケ、都市部の人は実に元気がありますね〜。みんなの笑顔を見ながら、幸せ創造の会社にしていかないとな〜とつくづく思いました。